社員研修で好感度アップの身だしなみ術

清潔感のある爽やかな身なり

社員研修で好感度がアップする身だしなみは、清潔感があることです。服装は決まりがない社員研修の場合でも男性ならスーツ、女性なら色味が地味なもので露出が少ない服装を心掛けましょう。
男性女性に問わず誰しもが一度は経験のある学生時代の服装検査を思い出してみてください。着衣に乱れはないか、髪型は乱れていないかを細かく見られたはずです。学生時代の服装検査は社会に出てからも役立ちます。社員研修だからと言って気をゆるめず、その場にあった服装を心掛けましょう。まして派手な格好をしていくと自分だけが浮いて目立ってしまいます。それを避けるためにも清潔感があり、爽やかな服装で社員研修に参加しましょう。スキルアップするために必要なのは身なりからです。

社員研修で男女が服装に気を付けるポイント

長髪でカラーリングをしている方やピアスをしている方、スーツにシワが寄っていたりシャツが出ている方を見て自分自身ならどう思うか想像してみてください。
好感度がアップするどころかマイナスな印象になるはずです。男性であればスーツにアイロンを掛け、ベルトや時計などの小物も色味を統一し落ち着いた色合いのものを選ぶと無難です。髪の色は黒かナチュラルブラウンにしておけば清潔感があり、爽やかな印象を与えます。社員研修の前日にでもスーツやワイシャツをチェックし乱れがないか確認しておくと安心です。玄関に出たら靴もチェックしてください。埃が被っていないか、踵は磨り減っていないかを確認してください。全身鏡でチェックするのも大切なポイントです。女性も同様でスカートの丈やストッキングが伝線していないかを確認しましょう。