社員研修で浮かない服装の選び方

お洒落よりもビジネスを意識。新人さんならスーツで!

久々に行く社員研修、ふと何を着て行こうかと悩んだことは無いでしょうか。まずは研修のルールとして定められたものがないかを確認してください。明記されていない場合は、研修の行われる会場がどこかをチェックすることがおすすめです。オフィスビルの中であればオフィスカジュアルよりもスーツの方が良いことも多いです。また、自社の風潮としてビジネスカジュアルが推奨されており、ベテランから若手に至るまでスーツは身に付けないよ、ということであればそちらに即した格好が良いでしょう。
しかし新人や若手の場合は、迷うのであればスーツを着用しましょう。特に女性よりも男性は、ベテラン層の参加者がスーツだった場合は特に目立ってしまうのでスーツがおすすめです。仮に周囲がカジュアルな格好であっても「きちんと気を引き締めて、スーツで研修に来ました!」と考えれば、何ら問題はなくなります。

どんな服装でも可、が一番困るというもの

しかし若手以降の人であれば反対にスーツにするか、ビジネスカジュアルにするか判断に迷うところです。上司や先輩に相談しても「何でもいいだろ」と言われてしまうかもしれませんが、この言葉が最も判断に困るというものです。
検討すべきポイントの一つは「参加者に社外の人や自社の役職者が参加するかどうか」でしょう。このような場合は、社会人としてスーツを着るという判断がベストです。女性の場合はスーツに限りませんが、あまりカラフルでオシャレなものよりも、スカートと襟首のあるブラウスやシャツを身に付ける方が望ましいでしょう。丸首のものでも問題はありませんが、かっちりして肌の露出が少ない物にしましょう。
また、男性がビジネスカジュアルで研修に行く場合は、やはり襟首のしっかりとしたシャツとシンプルなパンツやスラックス、カジュアルすぎない靴などを合わせてください。自社の方はもっとカジュアルなんだけど、と思ったとしても研修前後の姿が社外に晒されるということを考え、オーソドックスなものにする方がよいのです。