失敗した社員研修体験談から学ぼう

様々なドラマが生まれる新人社員研修

一般的に社員研修は企業が行う社員教育の事を言い、その中でもほとんどの社員が経験する社員研修は新人社員研修です。そうした新人社員研修は新人がこれから始まる社会人生活において希望を抱きながら参加する為、様々なドラマが生まれやすい場所です。
しかしこうしたドラマは後々まで酒の肴にされがちなので注意が必要です。特に新人の失敗談はコミュニケーションがてら言われる事が多くありますが、その後何年も経ち新人ではなくなっても言われたら出世の足を引っ張る可能性だってあるからです。特に多い失敗は緊張して皆の前で上手に話せなかったという物ですが、これに関してはほとんどの先輩も心あたりがあるのであまり気にする必要はないです。問題は個性溢れる失敗をしてしまった場合と覚えておくと良いです。

具体的に新人社員研修でやってしまった失敗談について

後々まで言われやすい失敗談とは、社会人の自覚が薄くて自分のアピールが過ぎてしまう事がほとんどの原因です。具体的には自己紹介の時に無難な趣味を言えばよい物を過去の武勇伝を披露してしまったり、早く周りと仲良くなりたいが為に研修中ウケを狙って反感を買ってしまった等です。また自分を良くみせようとしすぎて仕事に対する浅はかな知識を皆の前で堂々と披露してしまったなんて言うのも、ありがちだけど失敗の部類に入ります。
こうした研修の失敗は今後仕事でフォローする事になりますが、良くも悪くも印象に残ってしまうので大変な事もあるハズです。なので新人社員研修ではしっかりと社員の自覚を持って、悪目立ちはしないよう心がけると良いです。