社員研修に持っていくと便利なものランキング

当たり前なんて言わないで!筆記用具は最重要

当たり前でしょうと言われてしまいそうですが、社員研修で最も大切な持ち物と言えば筆記用具です。しかし、使い慣れたボールペン一本でいいやと考える人もいるくらいですので、持っていくべきアイテムについて見直してみましょう。
一番はボールペン。テキストに書き込む用途として、三色ボールペンか消せるボールペンがおすすめです。と言うのも、テキストが黒いことから色付きのボールペンを好んで使う人は要注意で、提出物やサインなどで黒いものを使わないのはビジネスマナー違反ですので三色のものが便利です。二番目は手帳です。好みの大きさや使い勝手が個々ありますがA4サイズのノートが基本として考えましょう。また、万が一紛失した時に備えて普段使っている手帳やノートとは分ける方が適切です。

見落としがちだけれど持っていくと便利なグッズとは

あまりメジャーではないけれど持っていくと便利なものも勿論あります。三番目に便利なものとしては、布やポリエステルなど紙袋以外のサブバッグです。研修で分厚いテキストや教材を配布されることがあり、そういったものを折り曲げずに綺麗なまま持ち運びできます。薄手のものなら折りたたんでしまっておけるため、不要な場合にも邪魔になりません。
四番目におすすめなものは、身だしなみを整えるグッズとしてウェットティッシュがあげられます。「研修施設が綺麗だから不要でしょ」なんて思っていても、ちょっとした机の汚れやうっかり倒してしまったお茶などをさっと拭けるので大変便利です。研修に限った話ではありませんが慣れない場所で受講する研修では普段よりもなお、役立ち度が高いグッズなのです。